イビサクリームのトラネキサム酸ってなに!?

イビサクリームにも入っているトラネキサム酸って?

 

トラネキサム酸は人工的に合成されたアミノ酸の一種です。

 

特長として出血や炎症、アレルギー症状を抑制する作用があるため、もともと医療現場で使用されていました。

 

タンパク質分解酵素であるプラスミンは血液の凝固を阻害するだけでなく、炎症やアレルギー反応を引き起こす要因でもあり、これらの作用を抑える役割をトラネキサム酸がはたしているのです。

 

これを抗プラスミン作用といいます。

 

例として肺出血、扁桃腺炎、蕁麻疹などの出血や炎症、アレルギー症状を抑える効果があります。

 

また医療現場での使用や病院の処方薬だけでなく、市販の一般用医薬品にもトラネキサム酸が配合されている商品があります。

 

代表的なものに風邪薬や歯茎の出血・炎症を抑える歯磨き剤が挙げられます。

 

さらに2002年には、厚生労働省によってトラネキサム酸の美白効果成分が認可されました。

 

このことから、現在では老人性色素斑(シミ)のほか、傷などの炎症後色素沈着の治療薬としても幅広く使用されています。

 

では、トラネキサム酸がシミを予防するメカニズムを簡単に説明しましょう。

 

まず、紫外線を浴びるとシミの原因であるメラニン色素をつくる指令がメラノサイトという細胞に出されます。

 

トラネキサム酸はメラノサイトを活性化させる因子であるプラスミンやプロスタグランジンといった物質の働きを抑える効果があるのです。

 

これも先ほどの抗プラスミン作用です。

 

トラネキサム酸はメラニン色素がつくられる前に細胞の活性化を抑制するため、シミ予防に効果があるというわけです。

 

このように、現在では幅広く利用されているトラネキサム酸ですが、使用するうえで気をつけることがあります。

 

化粧品のように肌に使用する場合は体内に吸収される量が微量なので神経質になることはありません。

 

しかし、トラネキサム酸は止血剤の働きがあることから、摂取することで血液が凝固しやすくなるという側面もあるのです。

 

血栓症や心筋梗塞、脳梗塞などの持病がある方は注意が必要となります。

 

 

トップページへ戻る


page top