ワキやデリケートゾーンが黒ずむのはメラニン色素?

ワキやデリケートゾーンが黒ずむのはメラニン色素?

ワキやデリケートゾーンが黒ずむ原因は色々ありますが、特に多いのはメラニン色素による沈着です。

 

メラニンは皮膚や髪の色を作っている色素のことですが、紫外線によって発生する活性酸素を除去して皮膚の細胞を守ってくれるという大切な役割があります。

 

皮膚のダメージ、さらには皮膚がんを防ぐためには欠かせないものです。

 

しかしながら、皮膚を黒くしてしまうという欠点があります。

 

特に、ワキやデリケートゾーンなど皮膚が薄くて敏感な部分はダメージを受けやすいため、皮膚の防御機能が働いて過剰にメラニンが作られてしまうのです。

 

この過剰なメラニンを作り出してしまうような皮膚へのダメージにはどういうものがあるのでしょうか。

 

一番に考えられるのは衣類や下着の締め付けでの摩擦や蒸れです。

 

皮膚はこのようなダメージを感知すると、角質を厚くしようとするためメラニンが蓄積され黒ずみとなります。

 

また、脱毛の自己処理が皮膚に負担をかけてしまうことも考えられます。

 

誤った自己処理を続けてダメージを受けた部分を修復、保護しようとメラニンが大量に放出するのです。

 

クリニックやサロンでのレーザー脱毛も決して安心とは言えません。

 

レーザーやフラッシュの照射によってメラニン色素が反応して黒ずみを悪化あせてしまうこともあるのです。

 

また、乾燥しやすく敏感になっている施術後の皮膚のアフターケアを怠ることも黒ずみの原因となります。

 

デリケートゾーンの場合、過度な洗浄も黒ずみを招く原因となります。皮膚を弱酸性に保つための善玉菌を洗い流し過ぎてしまうと菌バランスが崩れて黒ずんでしまいやすくなるのです。

 

最後に、妊娠や出産などによるホルモンバランスの変化によって発生する黒ずみもあります。

 

分泌を増した女性ホルモンの影響を受けてメラニンが活性化されるのですが、産後、ホルモンバランスが戻ったときには自然と解消されるため特に問題はないでしょう。

 

 

トップページへ戻る


page top